自己啓発

本当に役に立つ「あなたのために」と自己中の自己犠牲の違いを考えた

必要のないことをする方が全体的に増えてきていると感じます。

街ゆく人々を観察してそう思いました。

今日は、その行動は相手のためになっているのか?それとも自分のサービス精神を満たしたいだけなのか?を考えます。

 

ありがとうと言われる行為

  • 相手がしてほしいことがあって、
  • 自分がそれをした

その時に、本当のありがとうが生まれます。

メメメイナ
なるほど。じゃあどちらかが違っていれば?
ナナナイル
当然、いい関係性とは言えないね

相手のニーズを読み間違えた

  • 相手がして欲しいことがあって、
  • 自分がそれに応えられなかった

それは自分ではやり遂げたつもりでも、相手のためにはなっていません。

そういう状態は自己犠牲に含まれる思います。

相手が欲していないのに相手に尽くした

  • 相手がして欲しいことがないのに、
  • 自分がそうだと勘違いして尽くした

そういう状態をお節介と言います。

それって優しい人物のようで、実は相手をきちんと見ていないと言えるでしょう。

相手が欲していなく自分も見当違いのことをする

  • 相手がして欲しいことがないのに、
  • 自分が見当違いのことをする、または何もしない

これは赤の他人状態ですね。

メメメイナ
こう見ていくと実にシンプルだと気づきます
ナナナイル
そうだね。結局相手をきちんと見て、それに応える行動を起こさないとダメなんだね

コロナで麻痺をしている社会ですが、

そんな状況の中でも冷静に観察して、役立てる人になって欲しい、またはなりたいと思います。

-自己啓発
-, , ,

© 2020 R.BLOG Powered by AFFINGER5