英検

TOEIC800は「隙間時間ちょこちょこ勉強法」で取得可能

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

英検1級を目指して奮闘中ですが、今日は嗜好を変えて、TOEICの話をさせていただきたく思います。

英検とTOEICの受験目的の違い

英検は中学生や高校生が一般に受験し、TOEICは就職活動中の大学生や社会人の方が多く受験します。内容は、英検の方がTOEICよりアカデミックな内容でありますが、TOEICの方が問題量が多くミスが出来ないという側面もあります

因みに、英検1級合格者平均≒TOEIC945点らしいです。

自分の自己ベストは800点です

点数だけを見ると高い方だと思いますが、

英検1級と比べると見劣りしますね笑

個人的にはTOEICで800点までは、模擬試験を解かずに、隙間時間でちょこちょこ勉強していれば、到達可能であると経験から断言できます。

では、そのちょこちょこ勉強法を、紹介させていただきます。

使用する参考書

以前も書かせていただきましたが、勉強は独学が命だと考えています。

例えば、この記事とかですね。

大学受験数学の攻略法!教科書からでも最難関までOK皆さん、数学は得意ですか?数検や他の経験を通じて、理系文系問わず数学に苦手意識を持たれている方に、得意になっていただくべく、 中学生か...

つまり、どの参考書を用いるかが合否を分ける決定打になるのです。

TOEIC単語

もうこれ一択ですよ。音声も無料でダウンロード出来、素晴らしいサービスだと思います。

単語を覚えるだけでも点数が上がってしまうのがTOEICクオリティーです。

写真描写と応答問題

これで万全です。特急シリーズは1冊1000円かからないのが素晴らしいです。

パート3と4対策

感覚的になり易いリスニングのパート3、4を、体系的に纏めてくれている有用な参考書です。

文法

高クオリティー高コスパの本です。これで文法はOK。

英語が苦手だという方は、本書2冊の学習からのスタートがオススメです。

パート6対策

対策が薄くなりがちなパート6もこれで安心です。

ここでミスを極力減らせるかが、800点到達の鍵だと思います。

長文読解

皆さんが嫌いなパート7です笑

ここで時間内に自信を持って時切れれば、900点が達成できると言う意見が多いです。

自分も賛成ですが、まずは英検1級に照準を合わせます。

ご自身に合った本を

自分が役に立った本を紹介させていただきました。TOEIC800点は、上級者の方から見ると、甘いぜ!的な点数だと思います。

しかし、自分は今はこの点数で満足しています。

自分が持っている部分に感謝をしつつ、英検1級の勉強を少しずつ日々の学習に取り入れて参ります。