英検

英検1級に独学で合格したいので英作文のテンプレはこれしか覚えません

英検1級で合格を狙うならば必ず英作文で高い得点を取る必要があります。英会話教室などに通っていない独学で頑張っておられる方でも英作文の点数次第では合格できるチャンスがあるのです!

英検1級を独学で英作文のテンプレを完璧に覚えて点数を32点に上げる方法英検1級を独学で勉強している方にとって1級は相変わらず手強い印象ですよね。僕もいまだに勉強中です。 しかし確実に合格を狙える方法が1つ...

目次

英検1級の英作文で高得点を取るための作戦

英作文で点を取るためには2つ守るべきことがあります。

  1. 点数が入る書き方の型を覚える
  2. 頻出のトピックの流れを覚える

この2つを守り通せれば、英作文の問題が難化した際にも対応可能になります。むしろ、そのような回の方が相対的に点数が高く出ますよね。

この2つは、下記の記事で詳しくまとめています。ご覧ください。

英検1級を独学で英作文のテンプレを完璧に覚えて点数を32点に上げる方法英検1級を独学で勉強している方にとって1級は相変わらず手強い印象ですよね。僕もいまだに勉強中です。 しかし確実に合格を狙える方法が1つ...

ここまではインプットです。では、本番の英作文や2次試験のスピーチなどで力が発揮できるか?というアウトプットの力が要求されます。ここでは、42本の英作文を効率よく復習できる記事をまとめておきます。

英検1級の英作文の42本の内容を一気に復習

1:世界平和は実現できるか?

世界平和が実現可能であるかどうか議論がされている。私は世界平和の実現は難しいと思っている。紛争の歴史、富の不平等分配、マスメディアの誤用の理由からである。

第一に、大部分の紛争はいつの時代でも行われる。民族やライバル政党への敵意は根深い、テロリストがその地域で攻撃を仕掛けるほど。

さらに、富の不平等は他の障害になっている。世界の大部分の富は一握りが握っている。その不平等は民衆の原理主義を生み、人々を武力行為を目的としたテロ活動へと煽り立てる。

最後に、マスメディアは世界平和を息苦しくさせる。暴力や戦争によって、メディアは小さな過激派を全体的な国家の代表として提供する。それは誤った誤解を生み、世界は敵意を生み出す。

このように、歴史の紛争、富の不平等分配、そしてメディアの誤用は世界平和を妨げる障害になる。それゆえ、世界平和は近い将来は実現しない。

2:戦争はなくせるか?

多くの人は平和を願っているが、戦争は歴史の中で勃発をし続けている。私は戦争は地球上で避けられないと信じる、人間の性・無駄な予防努力・そしてマイノリティーへの敵意からだ。

第一に、戦争は有史時代から起こり続けている。戦争は人間の性の一部に思える。戦争は存在する、そして未だ多くの戦争は地球上で起こり続けている。

さらに、内戦はどんな国にも合衆国にもコントロール不能である。例えば中国は北朝鮮のスポンサーであるが、北朝鮮と韓国の紛争をコントロールできない。

最後に、基本的な宗教的な感情とナショナリズムは、世界の至る所で大きくなっている、しばしば西洋で。これらのネガティブな感情はテロなどの大きなリスクに繋がる恐れがある。

要するに、人間の性・無駄な予防努力・そして少数派への敵意は地球上で紛争を煽動している。それゆえ、国家間の戦争は完璧に消し去ることは決して無理であろう。

3:民主主義を促進すべきか?

デモクラシーは政治的安定・経済繁栄・そして人権の保護への要因に貢献する。そして、それゆえ、民主主義国家は世界中にデモクラシーを広げる義務がある。

第一に、民主主義国家は非民主主義国家よりはるかに安定している。非民主主義国家の政権は民に政治を強制的に押し付ける。デモクラシーは他方では、選挙を通して非暴力を許す、そして社会が安定する。

さらに、デモクラシーは経済発展を助ける。人々が自由にビジネスでイノベーションを起こせる時や、経済市場に参入できる時、国は栄える。歴史的に、国際間の貿易は民主主義国家の間で栄える、弾圧的な政府のもとではなく。

最後に、人権はしばしば非民主主義国家では乱用される。政治的に異議を唱える人はしばしば投獄されたり殺されたりする。大量虐殺作戦はこのような政権の他の結果である。民主主義国家は武力によって介入し、そのような人道に反する罪を止めるのは自然である。

要するに、社会的安定・経済発展・そして人権保護はデモクラシーによって確保される。それゆえ、民主主義国家は世界中に民主主義を広めるべきである。

4:テロは撲滅できるか?

国際テロは危惧とされている。私はテロを撲滅させるのは不可能だと信じる、長い内戦の歴史・軍事の制限・そして予防措置が多額なことが理由である。

第一に、多くの内戦はしばしば数十、いや数百年に遡る。民族や政治政党への敵意は紛争地域でテロ活動が広がる根源となってしまう。

さらに、軍事応対がしばしば状況を悪化させる。アメリカのイラクとアフガンへの介入は、例えば、テロの抑止に失敗した。反対に、この介入が反アメリカ感情を根付かせ、人々をテロ活動へと煽動してしまった。

最後に、財政の制限がテロの撤廃を阻止している。監視の技術と安全の強化が防止策とはなり得るが、特定のターゲットにセキュリティーを強化するのは多額の資金がかかる。

要するに、歴史的内戦・無益な軍事行動・そして高いお金はテロの撤廃を阻止させている。それゆえ、近い将来に世界からテロを撲滅させる傾向はないと思われる。

5:世界飢餓はなくせるか?

こんにち、地球上で1億人以上の人々が飢餓に苦しんでいる。私はこの問題は解決できる見込みがないと信じている、人口増加・内戦多発・そして西洋の食習慣からである。

第一に、人口増加は早いスピードで、農業生産が人口増加に追いつかない程度にある。7億人に食物を供給することはますます難しくなってきている。さらに、人口増加は貧困を生み出す、それは食料がある時でさえも、人々に食物が提供されるのを妨げてしまう。

さらに、戦争は100万もの人を栄養不足と難民に置き換えてしまう。広がる紛争は食料生産サイクルを狂わせてしまう。戦争が終わったあとでさえも、残った地雷は人々をその地を開拓することをできなくさせてしまう。

最後に、西洋の食習慣は問題をややこしくさせる。西洋人は多くの量の肉を消費する。そのような消費は栄養を吸収する方法として非効率である。穀物を生産する1エーカーの場所は、牛を育てるよりも多くの人々に食物を供給できる。

要するに、人口増加・広まる内戦・そして非効率な食習慣は世界飢餓を行き詰まらせる障害となる。それゆえ、世界の飢餓問題は近い将来に解決される見込みはないだろう。

6:世界の貧困は解決できるか?

世界の貧困問題の懸念は拡大されている。貧困との戦いは簡単ではない、しかし私は貧困は撲滅できると信じている、教育・政治的汚職の根絶・そして貿易の公正化からである。

第一に、教育は始めるのに最適の場所である。途上国の人々は新しいスキルを学べる、それは職と収入を得ることを奨励する。言い換えれば、教育は多くの人々を貧困から救う。

さらに、政治的汚職は撤廃されるべきである。世界の巨額の富は少数の手に握られている。富が不平等にある限り、貧困は解決しない。

最後に、貿易は厳しく取り締まられるべきである。緩い規制は強国が市場を独占することを許してしまう。より厳しい規制は不公正を改正し、弱国が繁栄するのを助ける。

要するに、教育・政治的汚職の撤廃・そして公正な貿易を通して、貧困は世界から根絶できる。それゆえ、貧困を根絶することは世界平和へのキー材料となる。

7:他国を助けるべきか?

こんにち、1億以上の人々が途上国で貧困に苦しんでいる。私は、先進国は途上国を助けるべきだと信じる。償い・経済発展・そして地球の繁栄のためである。

第一に、かつて途上国を植民地化していた先進国は過去の搾取を償うべきである。アジア・アフリカ・そして南アメリカはいまだに貧困であることの1つの理由である。先進国は、彼らがこの状況を乗り越えるための助けをしなければならない。

さらに、経済援助は経済発展に貢献する。彼らの努力は投資を通してテクノロジーギャップを埋め、途上国の経済成長を促進させる、それは順に世界経済の発展へと繋がる。

最後に、先進国の第三諸国への援助は世界平和へ導く。貧困は内紛やテロの温床となるので、途上国への財源は国際社会を安定化し、世界平和へと繋がる。

要するに、過去への償い・経済成長・世界平和の促進は、先進国の援助によって得られる。それゆえ、先進国は途上国が貧困を乗り越えられるように手助けをすべきである。

8:他国への介入は正義か?

地球上の紛争地域で人道に反する犯罪が懸念され続けている。私は、そのような国への介入は正義だと信じている、テロとの戦い・人命保護・そして世界平和のために。

第一に、テロがその地域で起こった時に外部への介入は許される。テロは世界の脅威となる主な問題である。テロを起こす国は抑制されるべきだ。

さらに、大量虐殺が起こった時に国は介入されるべきである。市民が外部に助けを求めるほどに政府が野蛮になった時に、彼らを救うために介入することは倫理的である。

最後に、国は世界平和を促進するべきである。平和を求めないまたは、他国を脅かす国々はその結果と直面すべきである。

要するに、テロとの戦い・人命保護・そして世界平和の促進は他国の政治への介入を正当化する。世界平和の実現のために国々の協力を要する、そして介入はその要因に貢献するだろう。

9:グローバル化は経済に良いか?

グローバル化がどのように経済に影響を与えるかには様々な議論がある。私は国際化は経済に良い影響を与えると信じる、なぜなら経済成長を活性化させ・人々を啓蒙し・そして商品の値段を下げるからである。

第一に、国際化は経済成長を促進させる。自由貿易を制限された閉じた国は経済スランプを被る。他方で、国際経済に積極的な国は急進的に成長していく。

さらに、国際化は人々を経済のリアルに接することを許す。教育とネットを通じて、途上国の人はさらに競争的になるモチベーションを得て、繁栄する。

最後に、国際化は商品の値段を下げる。国際社会では、商品はしばしば人件費が低く高いテクニックを要する国で作られる。これはより良い成長のための産業効率を高める。

要するに、財政成長・人々の啓発・そして効率化促進は国際化によって得られる。それゆえ、国際化は奨励されるべきである。

10:多文化は社会に良いか?

多文化は社会にどのような影響を与えるかが議論されている。文化の差異が紛争や犯罪を引き起こすとしている者もいる。私は、しかし、多文化は差異尊敬・文化の気づき・そして経済発展を促進すると信じている。

第一に、多文化は人々を差異を認めるように促進する。人々の間で差異が承認された時、人種差別はきっと撤廃されるだろう。

さらに、国際化のため、こんにち世界はどんどん小さくなってきている。その多文化社会の市民は異なる言語を話し、そして大きな文化の気づきを持つ。彼らはより良いコミュニケーションをし、そして人々を異なる背景と関連づける。

最後に、多文化は様々なアイディアを育てる、同様に、違う視点も。この多様性は新商品のイノベーションを促進し、経済を活性化させる。

要するに、差異尊敬・文化の気づき・そして経済成長は多文化によって得られる。それゆえ、多文化は社会に良い影響をもたらす。

11:自国愛は社会にとってどんな役割を果たすか?

自国愛が社会でどんな役割を果たすかについて議論がなされている。私は、自国愛は言語・旅行・そして文化多様性の観点で価値があると信じる。

第一に、それぞれの言語は自国愛を維持する助けとなる。人々は各自の文化に自信を持つと同様に、各自の言語で話す。自国愛はどこにいても強く維持される。

さらに、観光は自国愛を育てる。海外を旅する人々は他の国々からの旅行者を見て、彼らの固有の文化価値と伝統の情報を交換する。これは人々に自身の文化に自信を持たせる。

最後に、増える移民は文化多様性を拡大する。アメリカを例に取ると、中国人のようなアジアからの人は共に生活をし、各自の自国愛を保っている。結果として、大きなスケールの移民から国は文化と財政メリットの両方を楽しめる。

要するに、言語・観光・そして文化多様性は自国愛の価値を保つ要因となる。それゆえ、自国愛は社会において価値がある。

12:移民政策をすべきか?

日本が外国人労働者を受け入れるべきかどうかについて論争が高まっている。高い生産性・高齢者のケア・そして税の支払い増加のために、私は日本はさらに移民を受け入れるべきだと信じる。

第一に、移民は生産性を奨励する。人口の減少に伴い、日本は世界的な競争力を保つために、大きな労働力を必要とする。加えて、日本の人は危険で埃っぽくて、骨が折れる仕事を避ける。より少ない先進国からの移民は喜んでこのような仕事を引き受ける。

さらに、移民は高齢者をサポートするだろう。現在の出生率から、日本社会は増える高齢者を支えるのはできない。移民は日本の高齢者に必要なケアを提供するだろう。

最後に、移民は税収を増やす。全ての年金と増える高齢者のための医療費は日本に重荷となっている。多くの移民人口は税の多くの部分を支払うだろう、そしてこのようなコストをカバーするだろう。

要するに、増える生産性・高齢者のケア・そして税収増加は開かれた移民政策から保証される。それゆえ、さらに開かれた移民政策は日本と移民にとってウィンウィンな解決策である。

13:環境はどのような理由で悪化しているか?

環境が悪化していることに意識が高まっている。絶滅種・自然の私的乱用・そして違法な開発により、私は人間が地球に悪影響を及ぼしていると信じる。

第一に、多くの植物と動物は絶滅に瀕している。彼らの自然区域が人間によって破壊されているために、種の種類は地球から消えてきている。

さらに、自然区域は私的に所有されているため、心配している市民は彼らの発展に何もできない。例えば、産業の目的のために、森林は伐採されていて、そして焼かれている。動物は財政を得るために殺されている。

最後に、このエリアは保護区域に設定されているが、利益を求める人のために、彼らはしばしば不法な開発をされている。不法伐採者は森林を伐採し、そして動物駆除者は絶滅に瀕した動物を狩る。

要するに、絶滅種・自然の私的乱用・そして不法な開発は人間による環境破壊の典型例となる。それゆえ、この美しい星を保つため、私たちはこのような議論に対処している無駄な時間はない。

14:経済と環境は互換性があるか?

経済と環境の互換性について多くの議論がなされている。職の機会・仕事での成功・そして経済発展のため、私は両者が互いに互換性があることを信じる。

第一に、エコフレンドリーの技術は巨大な職の機会をつくる。持続可能でエコフレンドリーな車と同様に、太陽、風力発電による発展した技術は緑の社会の需要の中に存在している。

さらに、企業の環境指向は彼らのビジネスに貢献する。環境保護のための企業の社会的責任の意識が高まっている。このような状況で、彼らのエコフレンドリーの評判は売り上げと生産高を高めるだろう。

最後に、エコフレンドリー商品の開発は国の経済を活性化する。環境指向の高まりにより、消費者は燃費がよい商品を購入することが増えていく、例えばLEDライト・ハイブリッド自動車・そしてソーラーパネルである。

要するに、職の創出・ビジネスの成功・そして経済発展はエコフレンドリーの概念から得られる。それゆえ、環境保護は経済成長と互換性がある。

15:水不足をどうやって解決するか?

新鮮な水の供給について懸念が高まっている。温暖化の緩和・途上国の援助・そして教育を高めるによって、私は、水の水源は確保できると信じる。

第一に、温暖化を減らすために、対抗策がとられている。もしも国が温暖化したら干ばつは水源を脅かし、そして氷河は消える。穀物は死に、いくにんもの人口が水のない状態になる。

さらに、先進国は途上国に水源の安定を助けるべきである。より多くの人が新鮮な水へのアクセスが制限されている。結果として、彼らは色んな病気にかかってしまう。

最後に、教育の努力は高められるべきだ。教育は水不足、そして水源を保存するステップの意識を人々の間で高める。

要するに、温暖間の軽減・途上国を助けること・そして教育を高めることは、世界的に水を供給の維持の必要なステップとなる。私たちは、地球の大事な水源を守るために無駄な時間をとるべきでない。

16:自由貿易は社会に良いか?

どのように自由貿易が世界経済に影響を与えるかが多くの議論がなされている。経済成長・環境意識・そして人種均等性を育てるために、私は自由貿易は社会に良い影響を与えると信じる。

第一に、自由貿易は経済発展を奨励する。関税が撤廃されたとき、貿易は成長する、そして経済は発展する。仕事は一時的になくなるかもしれないが、経済の中で長期的には自由貿易は価値がある。

さらに、環境の意識が高まる。研究では経済成長が収入レベルをあげることを示し、人は環境保護の需要が高まり、それは汚染を和らげる。

最後に、伝統の負の側面は撤廃される。途上国が世界経済に参加したとき、この不均衡や偏見は一気に減り、女性の人権も奨励される。

結果的に、経済成長・環境改善・そして性差の差別がないことは自由貿易によって得られる恩恵である。それゆえ、自由貿易は社会に有益である。

17:再生可能エネルギーは化石燃料にとって変わるべきか?

20世紀を通して、石油・石炭は国際経済成長を促進させてきた。燃料の源の減少・技術の発展・そして世論の変化のために私は、化石燃料はもはや第一のエネルギー資源ではないと考える。

第一に、化石燃料は入手の難易度が上がってきている。石油の供給の減少はエネルギー会社を遠いエリアで掘ることを強要させている。引き抜くことは、しかし、難しくコストがかかり、それは代替燃料が良い選択になる程度となる。

さらに、技術の発展は代替エネルギーを魅力的にさせる。ソーラーや風力や、例えば、コスパがますます良く、そして年々国民にとっての入手が多くなっている。

最後に、民の化石燃料への反対は急速に高まっている。人々は化石燃料からの温暖化は将来の人類の脅威だと警戒している。化石燃料を変えることは、急速的に二酸化炭素の排出を減らすことによって、温暖化を和らげる。

要するに、化石燃料の供給の制限・代替エネルギーのための技術発展・そして世論の反対はエネルギーの部門を変えている。それゆえ、次世代の人間は代替エネルギーに頼る傾向がある。

18:都市化は日本に有益か?

日本が急速に都市化してきたことはしばしば指摘される。この変化は、経済・利便性・そして環境の観点から日本にとって有益であると私は信じる。

第一に、都市化は経済成長を奨励する。市の住民は多くの労働力を供給し、それは工場とオフィスを配置することを必要とし、日本の経済を発達させる。

さらに、都市化は人々の生活を便利にさせる。都市の人は店のアクセスや交通機関、そして他の利便性も良い。ネットアクセスもまた地方のエリアより都市圏の方がよりよい。

最後に、都市化は環境に前向きな効果がある。都市の住民は車をあまり運転せず、小さな家に住み、そしてエネルギーを少なく利用する。彼らのライフスタイルは少ない量の炭素排出を提供し、それは温暖化を緩和する。

要するに、経済・日々の人々の利便性・そして環境は大きく都市化によって促進されている。それゆえ、都市化はきっと社会に恩恵をもたらす。

19:クローンは促進すべきか?

クローン研究は促進されるべきかどうかの議論が多い。私はテクノロジーは人類に恩恵を授けてくれると信じる。人類の寿命の延び・安定した食の実現・そして絶滅危惧種を救うためである。

第一に、クローン技術は人々の寿命を延ばす。技術は茎細胞を育てるのに使われ、それは成長して人の臓器になる。この医療の進歩は多くの人命を救うだろう。

さらに、安定した世界の食の供給は提供される。茎細胞は例えば、合成肉をつくるのに使われ、それにより人間は動物を殺さずに、十分な量のタンパク質を得るだろう。

最後に、絶滅危惧の動物が助かるかもしれない。多くの種の育種集団は彼らの生存の保証を低める。クローンは絶滅種の保護のため、その種を増やすことができる。

要するに、医学の進歩・世界の食生産・そして絶滅危惧種の保護はクローン技術によって恩恵を受ける。

それゆえ、クローン技術は私たちの星のために促進されるべきである。

20:GMOは社会に役に立つか?

GMOが促進されるべきか議論になっている。高い生産性・環境に優しい・そしてコスパの面から私は、GMOは社会に役立つと信じている。

第一に、GMOは従来の穀物より多くの人に提供できる。現代の農業はいま人口増加のスピードに追いつこうともがいている。遺伝子技術はこの地球上のすべての人に当たる食物を増大させる。

さらに、農家は少ない土地で多くの食物を育てることができ、同時に少ない水と殺虫剤で済む。国際的にGMO食物は劇的に殺虫剤と水の使用が減っている。言い換えれば、GMOは環境に優しい。

最後に、食物生産コストが下がり、安い値段で消費者に提供できる。GMO食物は信頼でき、耐久性がある、そしてその値段は農家・消費者・そして経済を活性化させる。

要するに、高い生産性・環境に優しい・そしてコスパの良さがGMOによってもたらされる。それゆえ、この技術は促進されるべきである。

21:動物実験は正当化されるか?

動物実験についての懸念がある。人命を助け・経済を発展させ・そして代替案がないことから私は動物実験には正当性があると信じる。

第一に、動物実験は不治の病にかかっている人を救うために欠かせない。それは医学の発展に大きく貢献し、致死の病から救ってきた。例えば、ポリオや天然痘のワクチンは何百万人もの命を救った。

さらに、動物実験は医学産業の発展を助けた。こうして経済が刺激される。医学産業は高い価値が加わった産業であり、その発展は経済の深いインパクトを与えている。

最後に、人と動物の遺伝子類似のため動物実験には他の代替案がない。例えば、ネズミは92%が人間と共有されていて、PCなどの他の代替案は同じような結果が生成されない。

要するに、医学の発展・経済発展は動物実験から得られるが、他の代替アプローチは適応できない。それゆえ動物実験は正当化される。

22:原子力発電所は閉じられるべきか?

原子力について懸念が高まっている。私は原子力発電所は閉じられるべきだと信じる。不安定性・放射能廃棄物の脅威・そして代替エネルギーの利用からである。

第一に、原子力発電所は災害や武力行使に弱い。チェルノブイリや福島の核災害は例のポイントである。事故は広大な陸地を破壊し、非常に多くの市民の職・家そして日々の生活を失わせる。

さらに、不要な放射性廃棄物はまた問題を孕んでいる。核燃料は使用されてから何千年もの間放射能を含む。政府はこの危険廃棄物の処理の安心する方法のデザインができない。

最後に、代替エネルギー技術は使えるようになってきている。太陽電池や風力発電は毒の廃棄物を出さない、そして人を危険にさらさない。ドイツでは、例えば今、再生可能エネルギーにシフトしている。

要するに、不安定性・放射性廃棄物の脅威・そして代替エネルギーの利用から、原子力発電所は、再生可能エネルギーのために閉じられるべきだ。

23:ネット検閲はされるべきか?

ネットは政府によって規制されるべきかどうかという議論が持ち上がっている。私は政府がネットを検閲すべきでないと考える、なぜならそれは人々のコミュニケーションを脅かし、言論の自由を乱し、そして検閲者に権力の乱用を許してしまうからである。

第一に、ネットは情報、そして同様にコミュニケーションのなくてはならない情報源だ。検閲はこの基本的なインフラを揺るがすだろう。

さらに、言論の自由は憲法によって保証されている。検閲は市民の言論の自由を脅かす。歴史的に、ネットを検閲した政府はしばしば民主主義とは程遠い。独裁者はしばしば人々の検閲されていない情報のアクセスを制限する。

最後に、検閲は政府に力を与えすぎる。彼らは力を乱用し、決定をするが、それは個人に残されるべきで、結果的に独裁的になってしまう。

要するに、人々のコミュニケーションの脅威・言論の自由・そして政府の政治的権力の乱用は検閲による結果である。それゆえ、ネットで検閲のサポートをするのは意味を全くなさない。

24:政治公正は効果的か?

こんにちの政治公正について懸念が高まっている。私は政治公正は全く必要だと信じる、個人尊重・差別撤廃・そして若者の教育のために。

第一に、こんにちの多くの人は人々の平等の権利を信じている。言語の促進はマイノリティーの権利と戦う方法として尊重される。

さらに、差別撤廃は難しい。マイノリティーを差別する人がまだ多くいる。人々は言語の使用がそのような被害にあっている人がどのように感じるかに慎重になるべきである。

最後に、他者に寛容であるようにと若者を教育するのは社会的急務である。学校は多様性を増やしている、それは子供に多くの政治公正を学ばせる機会を与える。

要するに、平等の権利・差別撤廃・そして若者の教育は政治公正から得られる。それゆえ、政治公正は効果がある。

25:宇宙開発に投資すべきか?

宇宙開発に投資の価値があるかどうかは長く議論されている。私は宇宙開発は人類に恩恵があると信じている。なぜなら、宇宙に啓蒙され・新たな技術を作り・そして国際間の協力を育成する体。

第一に、宇宙開発は宇宙の外側の質問に答えてくれる。それは人類に価値ある情報を与える。例えば、どのように宇宙は生まれたか、またはもしも地球が知的生命体の唯一の惑星か?など。

さらに、宇宙開発への投資は新しい技術を作る。衛星は、例えば、宇宙開発によって発明された。これらの新しい開発は全ての人間に恩恵を与え、そして経済にも奨励する。

最後に、宇宙開発は国際的な努力を要する。ロシアとアメリカでさえも今は宇宙開発プロジェクトで共に働いている。そのような協力はコストを下げ、同様に国家が共に協力する機会を与える。

要するに、宇宙の情報・技術開発・そして国際協力は宇宙開発から得られる。それゆえ、宇宙開発は投資の価値がある。

26:科学と芸術はどちらが良いか?

科学は芸術よりも価値があるかと議論をしている人がいる。私は科学は芸術より勝ると信じている。利便性・経済発展・そして医学の進歩の理由である。

第一に、現代社会の全ての利便性は発展した科学の賜である。PCや車や電話など、多少の例を挙げれば、科学研究と発明から得られる情報と共に発展している。

さらに、私たちの経済成長は科学の発展によるものである。現代技術とコミュニケーションなしでは、私たちの国際経済は崩壊するだろう。私たちの仕事の大部分でさえも、科学者によって開発された道具や技術に頼っている。

最後に、私たちの健康と長寿は科学の発展に依存している。医学・医学技術・そして医学治療は科学から得られる。私たちの予防医学の知識理解はまた科学研究から得られ、健康的な要素の知識を含んでいる。

要するに、利便性・経済発展・そして現代社会の医学の進歩は科学によって提供されている。それゆえ、科学は芸術より勝る。

27:大学教育は変える必要があるか?

日本の大学教育の効率性に懸念があがっている。楽な学力達成基準・不適切な科目・そして記憶偏重のために、私は私たちの現代大学教育システムは学生が仕事のリアリティーを持つための準備に失敗していると信じる。

第一に、学力基準は十分に厳しくない。多くの大学の学生は学生生活を無駄にしている。彼らは熱心に勉強しない、しかし彼らはいまだに卒業する。厳しい社会の現実に対応できるために、大学は学生にハードな課題を課すべきである。

さらに、大学で学生が勉強する科目が将来の仕事と無関係である。結果として、彼らは卒業時に仕事の準備をしないままであり、彼らが社会に出たときに多くの調整に直面する。

最後に、日本の大学は創造性よりも暗記を大変に焦点を当てている。入学試験は大学での経験に悪影響である。学生はどうやってテストにパスするかを学び、どうやって自身で考えるかを行っていない。

要するに、緩い学力達成度・不適切な科目・そして記憶偏重は学生の仕事への準備を中断させている。それゆえ、日本の大学教育は社会が必要とするものに対応できるために改革されるべきである。

28:終身雇用は有益か?

日本の終身雇用の効果について色々な意見がある。従業員のやる気を増やし・忠義・そして人生の質などから、私は終身雇用がとても適切だと信じる。

第一に、終身雇用は従業員に働くモチベーションを与える。会社に尽くせば尽くすほど、会社は成長する。経済成長は高い給料や社会的ステータスにつながる。

さらに、終身雇用は従業員の会社に対する忠誠を高める。彼らが会社の一員として自覚をすれば、彼らは財政不況の際にも会社を救うために戦うことができるだろう。

最後に、終身雇用は従業員は長期期間の雇用の安全性を持つ。安定した収入があるので、彼らは失職をおそらずにいられる。これはストレスのないしっかりした生活を送ることを許し、仕事に集中できる。

要するに、社員のモチベーション・忠誠心・そして仕事の安定性は終身雇用システムから得られる。それゆえ、このシステムは日本社会に有益である。

29:会社の活動で儲けより大事なことは何か?

大企業は稼ぐことよりすべきことはあるかどうかについての議論がある。私は大企業は稼ぐことよりすべきことがあると信じる。高いレベルの名声・労働環境・そして社会貢献である。

第一に、大企業は成功する、すばらしいという名声が構築されているためだ。この名声はブランドであり、社会の利益となるために、そしてスキャンダルから避けるために、守られるべきである。

さらに、成功企業は高いクオリティの経営と従業員を必要とする。企業は良い社員を引き寄せる必要があるだけでなく、一貫して維持していかなければならない。

最後に、大企業は地元のコミュニティーに役割を果たす。基金を与えることは一例に過ぎない。彼らはまた環境保護の地球の話題に貢献することが期待される。

要するに、高い名声のメンテナンス・労働状況・そして地元のコミュニティーへの貢献は大企業の責任である。それゆえ、彼らは稼ぐより大事なものがある。

30:日本の軍は海外でもっとアクティブに役割を演じるべきか?

日本は海外でもっと役割を演じるかどうかについて議論がある。私は、しかし、日本の軍は非武力活動に制限すべきであると信じる。憲法遵守・海外からの批判を避ける・そして平和維持活動のためである。

第一に、過去の植民地の行いの結果と同様に、第二次世界大戦の敗北の結果から、新しい憲法が日本で作られた。日本が海外で軍事行動を行わない事が記載されている。

とは言っても、日本はしばしば他の先進国から平和維持活動を十分に行っていないと批判される。他方で、もしも日本が海外で兵士を配備したら、あるかつて日本に侵略されたアジアの国から厳しい批判に直面するだろう。

最後に、日本はテロと人道に反する犯罪を止めることに貢献する責任がある。日本は技術とエンジニアのような非武力活動を提供することに専念すべきである。

要するに、憲法に遵守し・海外からの批判を避け・そして世界平和に貢献することによって、日本の軍事は非武力を提供することによって世界平和に貢献できる。

31:世界遺産は促進されるべきか?

世界遺産は土地の価値の保存を助ける。私は世界遺産の指定は有益になると信じる。民衆の気づき・経済成長・そして地元人のプライドのためである。

第一に、世界遺産は民の土地の価値の意識を高める。歴史的にまたは自然な土地の価値は国のシンボルになる。旅行者が土地の美を鑑賞するとき、地元の人は新しい尊敬の意を持って土地を見る。

さらに、世界遺産の土地の指定は経済発展を育む。政府はしばしばこの土地の保護に高い資金をカバーすることに苦心している。増える旅行者はお金を生み、そして地元で職を生む。

最後に、世界遺産の土地になることは地元の人のホームタウンとしてのプライドを育む。これは地元のコミュニティーの人口と繁栄の観点で活性化を与える。

要するに、民の意識・経済成長・そしてコミュニティーのプライドは世界遺産の土地から得られる。それゆえ、この認識は促進されるべきである。

32:外注化は社会に良いか?

外注化は社会に良いかどうかについて様々な意見がある。私は外注化は経済に悪い影響があると考える。なぜならそれは失業を生み・企業文化を乱し・そして産業の空洞化が起きるからである。

第一に、外注化は失業を悪化させる。外注化により海外に安い労働力を求める。これは国内の仕事市場が、人々が失業することによって縮小する。

さらに、外注は企業文化に悪影響を与える。企業は忠誠心に頼り、そして従業員の努力に頼る。社員が同僚が職を失ったとわかれば、彼らは意気消沈し、そして会社により少ない忠誠になる。

最後に、外注は産業の空洞化を招く。それは企業を多国籍企業に変え、海外に支社を置き、そこでコストは低くなる。これは国内産業の力をむしばむ。

要するに、失業率・企業文化の需要・そして産業の空洞化は外注によって引き起こされるはずの欠点である。それゆえ、外注は促進されるべきではない。

33:高齢化社会は社会に良い影響はあるか?

高齢社会に懸念をあげる声がある。私は増える寿命は良い効果があると信じる。なぜなら医学の発展・蓄積された知恵・そして若い世代のアシストによる。

第一に、増える寿命は単純に医学の発展の結果である。老人はより健康にそして以前より元気になる。彼らは彼らの生活の時間を楽しくすることになる。

さらに、老人は若者を教育できる。彼らは多くの経験と蓄積された知恵を若い世代に共有する。

最後に、年寄りは孫を世話することにより、子供を助ける。このアシスタンスは女性を社会で働くことを得て、彼女らに子供がいるときでさえも性差撤廃を改善させる。

要するに、医学の進歩・蓄積された知恵・そして若い孫のアシスタンスは老人の数の増加のため、得られる。それゆえ、増える寿命は社会にとって良い影響がある。

34:子供にスマホを持たせるべきか?

スマホ所持が子供に影響を与えるかの議論がある。安全性・他者とのコミュニケーション・そして技術リテラシーの面から私は子供がスマホを持つのが許されるべきだと思う。

第一に、スマホを運んでいる時、子供はより安全だ。親が子供の場所を特定できるアプリが利用できる。このようなツールは子供の安全を守るかもしれない。

さらに、スマホは子供が友人と交流するのを可能にする。スマホを使うことによって、チャットや、ゲームや、勉強のため学校で互いを助け合うことができる。スマホは彼らの他者との関係性を育むのに助けとなる。

最後に、スマホは子供を技術に触れて習熟させることができる。人々がITデバイスのスキルがなかったら、彼らは働いてる際に困難に直面するし、世界経済のなかで競争することもできない。

要するに、安全性・他者とのコミュニケーション・そして技術リテラシーはスマホを使うことから得られる。それゆえ、子供は技術を活用することを許されるべきだ。

35:SNSは促進されるべきか?

SNSが促進されるべきかどうかの議論が巻き起こっている。私はこのサービスは社会に有益だと信じる。関係性を改善し・有益な情報を提供し・そして経済を活性化させるからである。

第一に、ネットのコミュニケーションは関係性を改善する。それは人々を通常会えない友達と知り合いと連絡をとるのに役立つ。SNSはまた恥ずかしがり屋や引きこもりの人を他の人とつながりを持たせる助けとなる。

さらに、SNSは有益な情報をユーザー間に拡散することを容易にする。例えば、災害が起こった時、人々はインフラに関することや助けの手順・そして避難手順の情報を共有できる。

最後に、コスパの良い広告媒体によってSNSは経済を発展させる。例えば、企業は人気率のようなSNSの様々な特徴を使うことによって売り上げを増やすことができる。

要するに、関係性の改善・有益な情報・そして高まった経済はSNSを用いることによって得られる。それゆえ、このサービスは促進されるべきである。

36:体罰は認められるべきか?

体罰が認められるべきかという問題が浮上している。私は体罰は学校で禁止されるべきだと信じている。非社会的行為の助長・外傷を伴う・そして学力に影響がでるためである。

第一に、体罰は生徒の非社会的行為を助長する。それは子供達の間で教師に対する強い嫌悪感につながり、それは生徒の学校拒否・他の教師への暴力・そして権威への反抗へとつながり得る。

さらに、体罰は身体的外傷を引き起こす。調査では最も多い体罰による怪我は打撲・骨折・そして鼓膜破裂であった。生徒には過去に病院送りになった者もいる。

最後に、体罰は生徒の学力の発展に悪影響となり得る。その暴力は生徒の恐れと鬱を引き起こす。結果として、そのような感情はひどく生徒の学力の向上を蝕む。

要するに、非社会的行為・外傷・そして学力のダメージは体罰で作られる欠点である。それゆえ、体罰は正当化されるべきではない。

37:抗議運動は有益か?

抗議運動が促進されるべきかどうかという問題が議論されている。私は抗議運動はとても社会に恩恵をもたらすと信じる。言論の自由・社会議題の上での民衆の気づき・そして社会改革という点においてである。

第一に、抗議運動は言論の自由の縮図である。民主主義は共同体のみなは彼または彼女の議題を表現する権利を持っているとしている。政府の政策に不満を感じたとき、怒りや不満を表現するのは自然なことである。

さらに、抗議運動は社会問題上で気づきを与える。道端で抗議を始めたとき、主張者は新聞・テレビ・あるいはネットに取り上げられる。この宣伝は発言者によって提唱された議題の注意を人々に与える。

最後に、抗議運動は社会改革を助ける。民衆からの反対する表現は政府にプレッシャーを与える。この圧力は政府を真面目に議題に取り組ませる。結果として、問題は解決されるだろう、それは社会改革を奨励する。

要するに、言論の自由を守ること・社会問題の上で民衆の意識が上がること・そして社会システムの改善は抗議運動から得られる。それゆえ、抗議運動は社会にとって有益である。

38:安楽死は認められるべきか?

安楽死は認められるべきかという問題が話題になっている。私は安楽死は受け入れられるべきだと信じる。患者の痛みの軽減・威厳の尊重・そして財政負担軽減のためである。

第一に、安楽死は終末期の患者の酷い痛みを消し去る。回復の見込みのない人たちは毎日絶望を感じながら人生を送っている。そのような患者の堪え難い痛みを和らげないのは非人道的である。

さらに、安楽死は患者の威厳を尊重する。皆は彼または彼女の生についての決定権を持っている。もしも患者が生を終わらせることを選んだら、その決意は受け入れられるべきだ。

最後に、安楽死は財政負担を軽減する。生命維持装置の患者への医療の処置は巨額のコストがかかる。昏睡状態の患者のリクエストに応じてその措置を終わらせることは彼らの家族と社会にとって大きく財政の負担を軽減する。

要するに、患者の痛みの軽減・人間の威厳の保護・そしてコスト軽減は安楽死を実行することにより得られる。それゆえ、安楽死は認められるべきだ。

39:死刑は廃止されるべきか?

死刑は禁止されるべきかという問題が上がっている。私は死刑は廃止されるべきだと信じる。誤った処刑・人権を守る・そして社会に得がない理由からだ。

第一に、死刑は無実の人を処刑してしまう恐れがある。誤った投獄は悲劇だが少なくとも誤られた個人への償いの努力はできる。もしも無実の人を処刑してしまったならば、しかしながら、何も埋め合わせができない。

さらに、死刑は人権を侵害する。どんな残酷な犯罪でも、日本などの良識ある国は人権の侵害を容認すべきではない。処刑はまた身体的苦痛を伴うので、現代社会で受け入れられない。

最後に、死刑は社会になんの得もない。提唱者は犯罪の抑止につながるというが、死刑は犯罪軽減とはつながりがない。政府は代わりに無期限の懲役またはリハビリを与えるべきである。無期懲役は殺人者を路上から無くさせる。

要するに、誤りの処刑の抑止・人権の保護・そして社会への得がないことから、死刑はこんにちの社会で受け入れ難い残酷な拷問である。民主主義と人権を提唱する日本によると、政府は死刑を当然禁止すべきである。

40:スポーツイベントは有益か?

スポーツイベントを開催することは開催国にとって有益かが議論されている。私はスポーツイベントの開催は社会に有益だと信じる。経済成長・インフラ・そして開催国の名声のためである。

第一に、スポーツイベントを開催することは経済の発展につながり、観光と関連産業を刺激する。それは企業のスポンサーと同様にTVの映像権から巨額な利益を生み出す。

さらに、スポーツイベントの開催はインフラの開発になる。1964年の東京オリンピックではその最たる例である。さまざまなインフラの計画、例えば新しい道路や地下鉄は、とても輸送ネットワークの発展に貢献した。

最後に、イベント開催は開催国の名声を高める。開催は国のプライドを高め、そして国に独特の文化を見せる良い機会となる。

要するに、経済成長・インフラの発展・そして開催国の名声はスポーツイベントを開催することによって得られる。それゆえ、スポーツイベントを開催することは奨励されるべきである。

41:国内問題と海外問題はどちらを重視すべき?

どのように政府が日本に降りかかる問題を処理するか議論がなされている。私は日本政府は国内問題を国際問題よりも重視すべきだと信じる。労働人口の減少・災害対策・そしてエネルギー問題の理由である。

第一に、日本は労働人口の減少に直面していて、そして企業は優秀な人材を見つけるのに苦労している。結果として、彼らは儲ける能力と生産能力を失っている。

さらに、日本は自然災害が多く、先の巨大地震では私たちがなんの十分な準備をとっていなかったことを伝えている。津波は多くの家や人を流した。この悲劇はもしも十分な準備が自然災害に取られていたら防げたはずだ。

最後に、政府は原子力発電所の適切な対処を取るべきである。彼らは当然核燃料からの依存を軽減すべきであり、ソーラー電池などの再生可能エネルギーへの導入も同様である。ソーラー電池と共に人々に静まるところを与えることが初めに行うステップである。

要するに、労働人口減少・災害対策・そして代替エネルギーは日本政府が直面する議題である。それゆえ、第一に取られるものは海外問題以上に国内問題である。

42:テクノロジーは有益かそれとも欠点があるか?

テクノロジーの発展の利点が欠点を上回るかについて議論がなされている。私はテクノロジーがきっと社会に有益だと信じる。医療の発展の向上・経済成長・そして人々の間のコミュニケーションの理由からである。

第一に、最新の医療機器と共に医療と手術の発展は多くの患者の命を救ってきた。言い換えれば、技術は人間に長く生きること、より健康になることを可能にした。

さらに、技術の革新は経済成長をもたらした。改善された施設や・より速い輸送システム・発達したインフラや・製造道具などの技術の進歩により、私たちの現代社会は技術の蓄積の恩恵を受けている。技術がなかったら、これらの恩恵は私たちと共にないだろう。

最後に、技術は我々のコミュニケーション、つまりインターネット上で最新のブレイクスルーをもたらした。技術と共に、地球の人は互いがつながっていて、彼らが効率的に効果的にコミュニケーションを取ることを許している。ネットは国際化を加速させる発明である。

要するに、医療の進歩・経済発展・そしてより良いコミュニケーションはテクノロジーの発展によってもたらされた。それゆえ、技術は人間社会において必要不可欠なものである。

努力はきっと報われる

僕もまだまだの英語力ですが、英作文の内容を繰り返せば繰り返すほど、合格が近づいてくる予感がしています。

受験票も届いて英検1級の試験まであと数日です。ラストスパートをかけて追い込みをして行きましょう。

ここで養った力は2次試験にも活かせるはずですので、合格を目指して共に頑張って行きましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください