英検

英検1級の英作文を独学で総復習3

英検1級を独学で取得したいと望む方が多いと聞きます。合格には英作文の出来が大きく左右します。過去に書かせていただいた英作文をアウトプットできるか?を試して見ましょう。

独学だから英検1級の英作文&面接のテンプレはこれしか覚えません3英検1級の英作文でナショナリズム〜水不足の話まで発展して行きたいと思います。 2次試験のトピックになってもスラスラ言えるようにしてくだ...

11:自国愛は社会にとってどんな役割を果たすか?

自国愛が社会でどんな役割を果たすかについて議論がなされている。私は、自国愛は言語・旅行・そして文化多様性の観点で価値があると信じる。

第一に、それぞれの言語は自国愛を維持する助けとなる。人々は各自の文化に自信を持つと同様に、各自の言語で話す。自国愛はどこにいても強く維持される。

さらに、観光は自国愛を育てる。海外を旅する人々は他の国々からの旅行者を見て、彼らの固有の文化価値と伝統の情報を交換する。これは人々に自身の文化に自信を持たせる。

最後に、増える移民は文化多様性を拡大する。アメリカを例に取ると、中国人アジアからの人は共に生活をし、各自の自国愛を保っている。結果として、大きなスケールの移民から国は文化と財政メリットの両方を楽しめる。

要するに、言語・観光・そして文化多様性は自国愛の価値を保つ要因となる。それゆえ、自国愛は社会において価値がある。

12:移民政策をすべきか?

日本が外国人労働者を受け入れるべきかどうかについて論争が高まっている。高い生産性・高齢者のケア・そして税の支払い増加のために、私は日本はさらに移民を受け入れるべきだと信じる。

第一に、移民は生産性を奨励する。人口の減少に伴い、日本は世界的な競争力を保つために、大きな労働力を必要とする。加えて、日本の人は危険で埃っぽくて、骨が折れる仕事を避ける。より少ない先進国からの移民は喜んでこのような仕事を引き受ける。

さらに、移民は高齢者をサポートするだろう。現在の出生率から、日本社会は増える高齢者を支えるのはできない。移民は日本の高齢者に必要なケアを提供するだろう。

最後に、移民は税収を増やす。全ての年金と増える高齢者のための医療費は日本に重荷となっている。多くの移民人口は税の多くの部分を支払うだろう、そしてこのようなコストをカバーするだろう。

要するに、増える生産性・高齢者のケア・そして税収増加は開かれた移民政策から保証される。それゆえ、さらに開かれた移民政策は日本と移民にとってウィンウィンな解決策である。

13:環境はどのような理由で悪化しているか?

環境が悪化していることに意識が高まっている。絶滅種・自然の私的乱用・そして違法な開発により、私は人間が地球に悪影響を及ぼしていると信じる。

第一に、多くの植物と動物は絶滅に瀕している。彼らの自然区域が人間によって破壊されているために、種の種類は地球から消えてきている。

さらに、自然区域は私的に所有されているため、心配している市民は彼らの発展に何もできない。例えば、産業の目的のために、森林は伐採されていて、そして焼かれている。動物は財政を得るために殺されている。

最後に、このエリアは保護区域に設定されているが、利益を求める人のために、彼らはしばしば不法な開発をされている。不法伐採者は森林を伐採し、そして動物駆除者は絶滅に瀕した動物を狩る。

要するに、絶滅種・自然の私的乱用・そして不法な開発は人間による環境破壊の典型例となる。それゆえ、この美しい星を保つため、私たちはこのような議論に対処している無駄な時間はない。

14:経済と環境は互換性があるか?

経済と環境の互換性について多くの議論がなされている。職の機会・仕事での成功・そして経済発展のため、私は両者が互いに互換性があることを信じる。

第一に、エコフレンドリーの技術は巨大な職の機会をつくる。持続可能でエコフレンドリーな車や同様に、太陽、風力発電による発展した技術は緑の社会の需要の中に存在している。

さらに、企業の環境指向は彼らのビジネスに貢献する。環境保護のための企業の社会的責任の意識が高まっている。このような状況で、彼らのエコフレンドリーの評判は売り上げと生産高を高めるだろう。

最後に、エコフレンドリー商品の開発は国の経済を活性化する。環境指向の高まりにより、消費者は燃費がよい商品を購入するのが増えていく、例えばLEDライト・ハイブリッド自動車・そしてソーラーパネルである。

要するに、職の創出・ビジネスの成功・そして経済発展はエコフレンドリーの概念から得られる。それゆえ、環境保護は経済成長と互換性がある。

15:水不足をどうやって解決するか?

新鮮な水の供給について懸念が高まっている。温暖化の緩和・途上国の援助・そして教育を高めるによって、私は、水の水源は確保できると信じる。

第一に、温暖化を減らすために、対抗策がとられている。もしも国が温暖化したら干ばつは水源を脅かし、そして氷河は消える。穀物は死に、いくにんもの人口が水のない状態になる。

さらに、先進国は途上国に水源の安定を助けるべきである。より多くの人が新鮮な水へのアクセスが制限されている。結果として、彼らは色んな病気にかかってしまう。

最後に、教育の努力は高められるべきだ。教育は水不足、そして水源を保存するステップの意識を人々の間で高める。

要するに、温暖間の軽減・途上国を助けること・そして教育を高めることは、世界的に水を供給の維持の必要なステップとなる。私たちは、地球の大事な水源を守るために無駄な時間をとるべきでない。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください