数検

英検1級と数検1級と漢検1級の強さを比較してランキングしてみた

英検1級・数検1級・漢検1級

それらを制した者を僕は知らない。

そこでどれが一番難しいのか?を考えてみることにしました。

結論は記事の一番最後に載せました。

前提条件

僕は数検1級と漢検1級を持っていますが、英検1級は持っていません。

英検1級はG1−2という点数で5回も落ちています。

その前提をもとにして考えて行きたいと思います。

難易度の比較

ここでは色々な要因から難易度を数値化して見ようと思います。

実際問題、客観的な戦闘力のような指標は出ないと思われるため、相対的な数字を出した上での比較を行いたいと思います。

合格率の比較

最新の4年分(回分)の合格率を比べてみます。

ただし英検1級は形式が変更された2016年度からは合格率が記載されていないため、2015年からのカウントになります。

数検1級は2018年度のデータがないため、2017年度からのカウントになります。

いずれも公式が発表しているものを参考にしています

英検1級:平均合格率:10.7%

  • 2015年度:12.0%
  • 2014年度:10.4%
  • 2013年度:10.4%
  • 2012年度:10.0%

数検1級:平均合格率:6.6%

  • 2017年度:6.5%
  • 2016年度:9.1%
  • 2015年度:6.5%
  • 2014年度:4.2%

漢検1級:平均合格率:6.7%

  • 2018-1:11.9%
  • 2017-3:5.0%
  • 2017-2:4.6%
  • 2017-1:5.2%

なるほど。合格率という観点では、

英検1級>数検1級≒漢検1級となりました。

しかし、英検1級の合格率を掲載していないのは改定による合格率が上がってしまったからと考えています。

その仮定が正しいことを加味しても、英検1級>数検1級≒漢検1級となりそうです。

合格点の目安

英検1級は下記に記した内容を参考にすると、

  • 語彙:18/25
  • 空所穴埋め:4/6
  • 長文読解:7/10
  • 英作文:24/32
  • リスニング1:8/10
  • リスニング2:6/10
  • リスニング3:3/5
  • リスニング4:2/2
  • スピーキング:26/40

の合計が、下記のように71.2%になります。

  • R:29/41→71.7%
  • W:24/32→80%
  • L:19/27→70.3%
  • S:26/40→65.0%
英検1級に合格するために必要な正解数の最低ライン英検1級の申し込みの開始日が迫って来ました。一体どれくらいの問題に正解できれば英検1級に合格できるのかを考えます。 ...

数検1級は下記のように66.9%になります。

  • 1次試験:5/7→71.4%
  • 2次試験:2.5/4→62.5%

漢検1級は単純で、160/200で80.0%になります。

以上より、合格ラインを考慮するときの難易度は、

数検1級>英検1級>漢検1級となります。

難易度は一定か?

これは合格に大きく影響するファクターだと思います。

英検1級は2016年の改定後はより偏差値的な指標が用いられるようになりました。このため、簡単な回は目標正解数が高く難易度が高い回では少ない正解数でも合格できるようになりました。

数検1級は回によって難易度が変動する試験です。2次試験は大きな影響はないのですが、1次試験が大きく変動します。過去最低の合格率は1%を切った回もあり受験時の運も作用するようです。

漢検1級は平成26年度〜平成29年度の回は(平成27年度を例外として)年度第1回が難易度が最も高く、徐々に難化傾向がありましたが、平成30年度に入ってからは難易度を一定に保とうとする働きかけがあるように問題をみて感じ取っております。

以上より、難易度の一定性の観点から比較を行うと、

英検1級>漢検1級>数検1級となります。

使用する参考書での比較

これは分析があいまいになってしまいますが、

よくある感想をあげさせていただいて答えます。

英検1級では、単語本がパス単で長文が旺文社の120でリスニングがジャパンタイムズの本、そしてスピーキング本記事最後の本1冊、そして過去問集1冊の計5冊は必要だと思われます。人によっては単語帳を数冊追加する可能性もあるが+2程度の範囲だと思われます。

数検1級では、下記の記事を考慮に入れると6冊は絶対に必要のはずです。また、大学数学の基本部分が怪しい方も多いと思われるため、数冊追加も否めないと思います。よって10冊と仮定します。

数検1級の難易度や参考書や勉強法を漢検1級合格者が教えます数検1級の難易度・過去問という観点からの参考書の紹介を軸に、合格に必要な分野の対策法を書きました。...

漢検1級では、下記の記事も参考にしますと、過去問集を最近のものと精選問題集の1冊、および漢検四字熟語時点と漢検漢字辞典は必須でしょうね。ここまでで4冊です。初めの1冊を抜かしても英検1級と数検1級と比較すると圧倒的に少ないことがわかります。それと『漢検1級模擬試験倉庫』様のブログはなくては合格は難しいと思われます。(これで+1冊とカウント)

漢検1級の勉強法や難易度や参考書を数検1級合格者が教えます漢検1級に合格するための王道をお伝えします。難易度・分野別の参考書と対策資料の紹介を軸に、どのような勉強をすれば合格するのかを実体験を含めて書きました。...

以上より、合格に必要な参考書の数で難易度を比較すると、

漢検1級>英検1級>数検1級となりそうです。

合格までにかかる回数

これは自分の周りの方々の意見をまとめたものになるので、サンプル数が少ないことを御容赦ください。

英検1級はもともと帰国子女の方など英語が得意な方が受ける試験であるため、3回以内に合格を決める方が多い印象です。

数検1級も数学が好きまたは得意な方が受けている印象ですが、理解していても計算ミスなどによる間違いが誘発されるため、実力がある方でも少なくとも3回以上は落ちている印象の試験です。

漢検1級は最も合格までに受験回数が多い印象がある試験です。長年に渡って初合格を目指して努力しておられる方々が最も多い検定だと思います。

このため合格までにかかる回数を考慮に入れると、

英検1級≒数検1級>漢検1級のイメージになります。

結局どれが1番やばいの?笑

それではまとめます。

  • 合格率の比較→英検1級>数検1級≒漢検1級
  • 合格ラインの比較→数検1級>英検1級>漢検1級
  • 難易度の変動による比較→英検1級>漢検1級>数検1級
  • 使用する参考書の数の比較→数検1級>英検1級>漢検1級
  • 合格にかかる回数による比較→英検1級≒数検1級>漢検1級

なるほど。

では、難易度で優しい順に1位の値を1、2位の値を2、3位の値を3として計算します。

  • 英検1級:1+2+1+2+1=7
  • 数検1級:2+1+3+1+1=8
  • 漢検1級:2+3+2+3+3=13

漢検1級強いな笑

ということで、すごい個人的な主観も入っています。

お前は英検1級の恐ろしさを知らないんだな・・・という方も大勢いると思いますが、はい僕も十分に承知しています。

3大検定の難易度は英検1級>数検1級>漢検1級に決定となりました。おしまい。

英検1級面接大特訓

最新の1級の頻出テーマをコンパクトにまとめた良書。著者の英語力に惹かれて購入されるのも宜しいかと思われます。

英検1級の英単語のリストはここまで頑張れば満点近く行きます!

 
パス単

語彙問題で合格者平均点が取れる。1級チャレンジャーは避けて通れない本。単語の羅列なので覚えにくいが的中率が高い。

 
究極の英単語4

語彙問題で20点取得が確実になる。CDが高いのが難点だが的中率も高い。半分はDUOのような形式である。

 
出る順EX

相対的に句動詞が少ない感じを受けるが、長文の専門用語も掲載しており書き込みスペースも十分である。総じて情報量が多い本である。

 
文単

長文やリスニングにも使えて1級の合格力を底上げする本である。慣れてくるとCDが遅く感じるが実力がついた証拠でもある。

 
語彙問題完全制覇

関連語彙が芋蔓式に暗記できるため、語彙問題は満点手前安定まで来れる。音声がない点が致命的というデメリットは豊富な内容でカバーされている。

 
ターゲット500

出版が2006年と若干古く音声がない。句動詞問題のバリエーションが多い点が特徴で rat on などユニークな問題もある。まだまだ現役で十分使える本である。

 
英単語大特訓

CDに癖もあり挫折しやすいと思われるが、やり切れれば情報量がかなり多く使いこなした分だけ語彙問題満点に近づく!

 
3大検定1級の難易度(右に行くほど難しい)

英検1級>数検1級>漢検1級

ABOUT ME
nananairu
かつては超進学校に勤務していましたが5回の転職を経て社会人してます。週6のジム通いをしながら夢は大きく数検1級・漢検1級・英検1級の3冠王を目指しています。デッド200kg。
ブログを稼ぐなら絶対ドメインは取得した方がいいよ!

ブログをやってみようかなという方は無料ブログに飛びつくと思います。

しかし、無料ブログは稼ぐには効率が悪いのです。

 

  • SEOに弱く記事を書いても上位表示されない
  • 関係ない広告がいっぱい出てくのでグーグルアドセンスがクリックされにくい
  • 回遊率が低くなるのでpvが取れない!

 

などの理由があります。

 

具体的にどうすれば解決できますか?

nananairu
nananairu
独自ドメインとサーバーをゲットできれば十分だよ。安いサーバーだと落ちたりすることがあるから、エックスサーバー が安くてオススメだよ。ドメインはお名前.com が利用者数が1番多いし僕は本当にオススメしているよ。

ブログで稼ぐためには、まずは小さな行動からです!

コスパが最高のお名前.com と、エックスサーバー を是非ともご検討ください。