数検

数検1級の参考書を難易度順に並べてみた

数検1級の参考書を難易度という観点からまとめ直してみます。

過去問という観点

過去問が掲載されている参考書を時系列順に並べました。 書店では入手不可能に近い品物もあると考え、リンクをまとめました。

「数検」問題集 1級

1994~1997年の過去問が3回分解ける。解答が簡素のため学習しづらさは否めないが最近の問題集に載っていないパターンに触れられる。

『中古』数検実物過去問題集 1級1次 になります。

数検実物過去問題集 1級1次

1997~2000年の過去問が8回分解ける。恐らく最も入手が難しい本のため発見時は即時購入が吉。

1級2次実物過去問題集

もうほとんど手に入ることは難しいでしょう。どうしてもという方は、国会図書館にて入手されるのが良いと思います。国会図書館については後日に記事にする予定です。 本書は8回分の過去問が掲載されています。

数検実物過去問題集 1級2次

1997~2000年の過去問が8回分解ける。恐らく最も入手が難しい本のため発見時は即時購入が吉。

新過去問題集1級・準1級

2003~2004年の過去問が4回分解ける。1級チャレンジャーは準1級の過去問は解かなくてOK。1級の難化に対応し始めた初めての対策書である。

「数検」 発見I -1級攻略

2006~2008年の過去問が7回分解ける。1級の歴史の中で最も合格が厳しい回の問題がギッシリつまった対策書の印象である。新品で変えれば幸運である。

数学検定問題集 1級

2011年の過去問が3回分解ける。内容は同じ創育社の物と同一で異なるのは過去問部分のみである。1000円で過去問3回分は価値があると感じる。

実用数学技能検定1級「完全解説問題集」発見

2012~2014年の7回分の過去問が解ける。発見Iの本とは内容が全く異なるので注意されたい。

合格ナビ! 数学検定1級1次 解析・確率統計

2017年の過去問が1回分解ける。本書は1級に頻出の微分積分と確率統計を体型立てて説明している教科書的な存在である。合格には必須のバイブルである。

合格ナビ! 数学検定1級1次 線形代数

2018年の過去問が1回分解ける。本書は1級に頻出の線形代数を体型立てて説明している教科書的な存在である。合格には必須のバイブルである。

難易度という観点

1級の参考書を難易度順に並べてみました。 易しい方から難しい方へと流れて行きます。

数検の完全対策

最古の1級対策書である。1級初期の頃の過去問に触れることができるレアな本である。ただし内容は現在の内容と比べて大変平易である。

数学検定の完全対策

難易度が落ち着いてきた頃の1級の過去問に触れられる良書である。準1級以下の復習もこれ1冊で万全です。

数学検定1級実践演習

1級で頻出分野の微分積分・線形代数・確率統計以外の頻出パターンを吸収するために大変に有益な本である。是非とも手に入れて置きたい。

数学検定1級準拠テキスト 微分積分

1級の頻出分野の微分積分の過去問を通して内容を芋蔓式に理解させようという狙いの本である。数学が苦手な方には推薦できないが得意な方にはコスパ最高の1冊となる。

数学検定1級準拠テキスト 線形代数

1級の頻出分野の線形代数の過去問を通して内容を芋蔓式に理解させようという狙いの本である。数学が苦手な方には推薦できないが得意な方にはコスパ最高の1冊となる。

完全ガイド! 数学検定1級

問題から派生する事柄や発端となる考え方に重点を当てた大変に数学的な本である。そのため1級で満点合格を狙うための本である。合格のみを目標とする方にはオーバーワークとなる。

1級は難易度が高い

ザッと全書を見直しましたが、とても難易度が高い検定試験ですね。

1級チャレンジャーの方は、関連記事を参考にしつつ合格への道を切り拓いてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください