数検

数検1級チャレンジャーに必須な一冊

数検1級の古い過去問をお探しの方は多々おられると思います。

近年はとある本の出版前は最近の数学検定1級のレベルに対応する参考書がなかったのです。 しかし、とある1冊が突破口を開けたようです。

近年の数検1級は2次試験に注意

数検1級は2003年度の4月検定から難易度が急激に上昇しました

その理由は2002年の検定で当時中2の生徒が1級に合格したことが原因かなと思っています。

ちなみに僕ではありません。当時はそこまでの実力はありませんでした。

数検1級は1次が難関だという声が多く聞きますが、2次試験の勉強を疎かにはできません。

つまり、1次試験で養ったパターンをアウトプットできるか?が2次の得点力をアップさせるのですね。

数検1級実践演習

本書なくして数検1級の合格はないと思います。

数学検定1級実践演習

1級で頻出分野の微分積分・線形代数・確率統計以外の頻出パターンを吸収するために大変に有益な本である。是非とも手に入れて置きたい。

近年の数検1級の新刊ラッシュの先陣をきった本です。
 
なぜか?を考えると、いかに本書が合格に必須かが解ります。
 
なぜ突然本書が出版されたのかを考えますと、 数学検定協会が「今の1級はここまで理解してね!」と言っているような感じがしませんかね?

 

また、本書には巻末に過去問が載っていますが、これは丸々同じ回の問題ではないようです。色々な回から問題を引っ張って掲載されています。

更に、本書には似たコンセプトの類書があります。類書の記事は下記をご参照ください。

数検1級受験者必見!最新の傾向を踏まえた新刊数検1級を受験予定の方は、学習の進行はどうでしょうか? 今日、前々から楽しみにしていた参考書が発売されました。夕方購入し、おそらく今日...

本書無くして合格無し!

本書は数検1級の全体像を効率よく把握できる良書です。コスパ的には1番だと思います。 是非とも本書を活用なさって数検1級の合格を勝ち取って下さいね!

お読みいただき、ありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください