数検

数検1級受験者必見!2011年の過去問が本書に!

数検1級の古い過去問をお探しの方は多々おられると思います。

ここでは近年の過去問に触れることのできる問題集を紹介します。

近年の数検1級は難化しているか?

まず数検1級は2003年度の4月検定から難易度が急激に上昇しました

その理由は2002年の検定で当時中2の生徒が1級に合格したことが原因かなと思っています。

ちなみに僕ではありません。当時はそこまでの実力はありませんでした。

そして、近年では1次試験よりも2次試験で高い得点を取ることが難しくなっている様子が伺えます。 対策法としては近年の過去問演習が良いと思われます。

数検問題集1級の感想

本書は下記のような表紙です。

数学検定問題集 1級

2011年の過去問が3回分解ける。内容は同じ創育社の物と同一で異なるのは過去問部分のみである。1000円で過去問3回分は価値があると感じる。

実は、本書は昔に出版された下記の本とほとんど同一の本です。

「数検」問題集 1級

1994~1997年の過去問が3回分解ける。解答が簡素のため学習しづらさは否めないが最近の問題集に載っていないパターンに触れられる。

異なる点は巻末の問題だけです。 巻末の問題は、3回分ありますが、順に、

第206回検定・第209回検定・第213回検定となっております。

いつの年の回かは対応表の記事

数検1級に勝利する過去問リスト数検1級の合格を目指されているチャンジャーの方、または数検1級のリピーターの方にとっておきの情報を提供します。 https://nan...

をご覧くださいませ。

本書は本番前の腕慣らしに良いかも

数検1級合格に必須か?と聞かれたらNOと答えますが、本書を学習して不利になることは決してございません。

お読みいただき、ありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください