書評

DUOの後継者!速読速聴英単語core1900の短文パートの感想

受験英語の6000語を最も早く覚えられる参考書DUOをご存知でしょうか?そのDUOを終えた方にオススメの参考書がcore1900です。

core1900

英検準1級相当で難関大の入試にも対応化である。英字新聞からの切り抜きの短文が多岐にわたって掲載されている。リスニング力はもちろん時事知識が身に付く。改定して間もないため『買い』である。

その短文パートを終えたので感想を書きたいと思います。

全体の感想は

英検1級での速読速聴英単語core1900の使い方を詳しく解説!速読速聴英単語core1900の学習が終わりました。英語学習をされている方の参考になればと思い、まとめの記事を作ります。 ...

Core1900の立ち位置

速読速聴・英単語は英語を得意になりたいなら早く学習すべき以前の記事などで速読速聴のadvanced1100について触れました。 https://nananairu.work/2018/12/...

にも書かせて頂きましたように、core1900は英検準1級の単語を除いた合格レベルを目指す方の本です。主に単語より英語の総合力を底上げする本です。

しかし、Core1900単体が持つ意味合いもあるようです。

DUOの後継者

受験生で知らない方がいたら危険なレベルの参考書です。僕は本書を神だと思っています笑DUOについては別記事で書かせていただきます。DUOの形を引き継いだ本がcore1900になります。すなわち、

短い例文で多くの英単語を吸収できるスタイルなのです。
カウントしたところ158例文で738語の見出し語を吸収できます。当然、赤文字以外の語も含めると1000語を超えてきます。

短文も読みやすいのでまさに迷ったら買いでしょうね。

core前半部の難易度

DUO形式は本書の後半パートです。前半パートは他の速読速聴シリーズと同じく長文パートです。

前半部はまだ途中ですが、難易度の参考としましては、

英検1級1次にG1−2で不合格の僕がリスニングのみで学習できる程度です。

すなわち僕のように、

英語上級者ではないが、ある程度のレベルの方に丁度良いレベルだと思われます

学習に目処が着きましたら別に記事を書こうと思います。以上がcore1900全体の感覚的な説明&感想になります。

お読みいただき、ありがとうございます。