数検

サイン・コサイン・タンジェントを1分で教えます(続き)

サイン・コサイン・タンジェントを1分で教えますサインとかコサインとかってキチンと理解できていますか? 学校などで暗記させられていませんか? 数検2級を目指している方で苦戦される箇...

の解答を書かせていただきます。

復習

三角関数の定義の図を載せておきますね。

問題

θが225°の時、
sinθ、cosθ、tanθの値をそれぞれ求めよ。

解答

以下は多分1分で理解できる筈(はず)です。しっかり頭に入れておきましょう!

60秒で理解しよう

まずは225°の位置をはっきりさせます。
 
次に点Pを円周上に打ちます。
 
Pからx軸と原点Oに線を引きます。
 
直角三角形ができます。
 
Pの座標を求めることに全力を出そうと誓います。
 
直角三角形の辺の比を確認します。
 
そこから半径が出ます。
 
そしてPの座標も確定します。
 
あとは復習の図を見ながら値を確認して行きます。

以上です。三角関数はこの問題がキチンと理解できれば、あとは意外と楽チンです!学習を頑張ってくださいね。

お読みいただき、ありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください