書評

速読速聴英単語advanced1100の感想(第2章)

速読速聴英単語advancedの第2章を終えました。第1章と同じく手強いですね。

第1章の感想は、

速読速聴英単語advanced1100の感想(第1章)先日購入した速読速聴英単語advanced1100 https://nananairu.work/2018/12/07/advance...

速読速聴英単語advanced1100とは?

本書は、単語より英語の総合力を底上げするための本です。

advanced1100

英検1級合格を確実にする本である。1級の最長の800字を超える長文が40本以上あり、CDも速い。これが終われば文単1級が簡単に思えてくる。文系内容が多い印象があるが、やり切った達成感は格別である。

合計で43本の英文がありますが、当然、どの章も読みにくいし、難しいです。

ただし、長文を読む速さが格段に速くなることは明白ですよ!

第2章の感想

第2章は政治・国際分野であり、全部で7本の英文が待ち受けています。

その中には10段落の英文もあり長すぎだから!と心の中で何回叫んだことでしょうか笑

印象に残ったお話は、アメリカ人がイラク駐屯地に強制的に派遣される話や、イスラエルの空港でアラブ人が強制尋問される話など、世界のリアルが伝わってきてたっぷりの臨場感を味わえました。文章は難しいですが、読み応え十分です。

次は3章

僕は理系の人間ですが、理系の章は最後の2章しかなくて残念です。と言うことは次も文系分野です。確か3章は経済・経営分野ですので、第2章よりは興味が出てくる分野のため頑張って進んで行きます!

お読みいただき、ありがとうございます。