数学

頭の体操の問題です!数検1級以上のレベルです

個数について深く考えたことはあまりないですよね?

今日は、数えることについて問題を出題いたします。

まずは復習から

数学検定準2級の範囲からの復習をします。

A={1,2,3,4,5}という集合Aが会った時、その要素の個数は5ですよね。

準2級では、n(A)はいくつでしょう?はい、n(A)=5です。と答えますよね。これは、集合Aが有限集合だから、個数は、ただ数えるだけで解決出来たわけです。

無限集合とは?

上で行ったような集合Aは要素の数が5つで有限のため、有限集合と言います。

対して、偶数全体の集合などは、要素が無限個あるため、無限集合と言います。では、問題です!

問題

まずは図を見てください!

3つの図形がありますよね。

この3つの図形の上から砂粒を落として敷き詰めて行きます。

ただし、砂粒の大きさは物凄く小さいものとします。

(1)この3つの図形の中で、最も砂粒が多くなる図形はどれでしょう?

(2)砂粒の数が多い順に図形をお答え下さい。

この問題は数学検定1級以上のレベルです。一発で正解されたら大変数学の才能がお有りだと思います。是非、将来に1級にチャレンジなさって下さい。

お読みいただき、ありがとうございます。解答は次回の記事で書かせていただきます。