受験数学

これは驚き?!2を0.5回掛け算したら約1.4になります

2を0.5回掛けたらいくつになると思いますか?

今日はこのような理屈では解らない問題の解き方を伝授いたします。

記事のレベルは数検2級レベルです。

数検2級の難易度は?過去問の対策は?1級合格者が詳しく教えます!数検2級に確実に合格する方法です。 難易度に関係なく必要な参考書は実質1冊だけなのです。...

始まりは小学校1年生

1+1=2。これは、小1で勉強します。では、2を10回足し算したらいくつでしょう?

1年生は、頑張って足し算をしますが、面倒なことこの上ないです笑

そして掛け算が生まれました。足し算の表記を簡略化するために。

次は九九

小学校では学年が上がるにつれて、算数が苦手な子が増えてきます。その原因の1つに、九九があると思うんです。九九が出てきた理由は、足し算の簡略化なのですが、疑問が生じます。2×2=4です。では、2を10回掛けたら、どうなりますか?(この答えは1024です。)

これは累乗という話で、中学1年生できちんと勉強しますが、きちんとした値を出すのは求められることは少なく、どれくらい大きいのか?という桁数を求めさせる問題が高校生では課されます。(2級レベル)

例えば、2の100乗は何桁の数ですか?(答えは一瞬で31桁と解りますが、その理由はネタバレになるため2級で勉強してください!)

では、2を0.5回掛けたらいくつになりますか?

本題に移りましょう。これは考え方がわかれば、かなり面白い教訓になります。

その教訓とは「実験」をすることです。

分かる所から順に、未知の領域へと思考して参りましょう。(このように、人生の困り事でも、知っている経験から解決策を推察する、つまり、賢者は歴史に学ぶと言う言葉の深さが数学的思考によって正当化されるわけです。)

2を3回掛けると8です。

2を2回掛けると4です。

2を1回掛けると2です。

2を0回掛けると★です。

★は何ですか?

ここで規則性を探しましょう。

8→4→2→★

これって2でどんどん割り算していますね!と言うことは、★=1ですね!

つまり、2を0回掛けると1になるんですね。

???

頭では受け入れられなくても、理論が語っています、1ですよと。これが数学をやっている面白さの1つです。数学は常識を超える瞬間が多々あります笑
 

では、先に進みましょう。

2を3回掛けると8です。

2を2回掛けると4です。

2を1回掛けると2です。

2を0回掛けると1です。

2を−1回掛けると★です。

★って何でしょうか?これも−1回掛けるってイかれてるんじゃないの?!

とツッコミをいただいているとは思いますが、上のルールに則ると、0.5ですね。

2をマイナス回掛け算すると、分数が出てきました。では、次です。

2を0.5回掛け算するとaになります。aはいくつでしょう?ここで、今までの感覚からaは正の数だとお解りいただけるはずです。

このように、両辺を2乗して、指数法則を使っていくのが解答です。実は、上で行った2で割っていくという実験も、画像のような方法で行えば直ぐに求めることが可能です。

このようにして、累乗の話はどんどん発展していくわけです。この記事が指数関数に躓(つまず)いている方の助けに慣れれば幸いです。

お読みいただき、ありがとうございます。

ABOUT ME
nananairu
かつては超進学校に勤務していましたが5回の転職を経て社会人してます。週6のジム通いをしながら夢は大きく数検1級・漢検1級・英検1級の3冠王を目指しています。デッド200kg。