数検

算数検定6級〜11級に勝利する方法

数検1級の難易度や参考書や勉強法を漢検1級合格者が教えます数検1級って意味あるの?という意見も多い中で、今の時代、数学の魅力を再確認されて学び直そうとしている方もおられます。 (英検1級に受か...

6級〜11級バージョンを書かせていただきます。

数検と算数検定の違い

数検は1〜5級、算数検定は6〜11級となっております。

小学生内容である6級までが算数、中学生以降の5級からが数学というわけですね。

6級から11級までは楽しく学習していただくことが1番大切だと考えます。可能ならば、親子で一緒に学びを行われると良いですね!

算数検定のレベル

中学受験の算数のように複雑な問題は出題されません。教科書に書かれている例題をきちんと解ければ合格点は確実に取れます。

以下、級別にオススメ参考書を書かせていただきます。

算数検定6級〜11級のオススメ参考書

算数検定6級

小学生6年生レベル

算数検定7級

小学校5年生レベル

算数検定8級

小学校4年生レベル

算数検定9級

小学校3年生レベル

算数検定10級

小学校2年生レベル

算数検定11級

小学校1年生レベル

算数は楽しい!数学はもっと面白い!

本記事で紹介させていただいた参考書を用いて、年齢なんか気にせずに、どんどん先へ、そして最も先へ、算数を、そして数学をもっとこなして、先取り学習を行って下さい!算数が得意になって来た!数学をやってみたい!という方は、

こちらの記事をご覧下さい。

大学受験数学の攻略法!教科書からでも最難関までOK皆さん、数学は得意ですか?数検や他の経験を通じて、理系文系問わず数学に苦手意識を持たれている方に、得意になっていただくべく、 中学生か...

皆様が算数・数学に目覚めていただくことを願いながら、筆を置かせていただきます。

お読みいただき、ありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください