書評

漢検3級〜漢検10級の過去問・問題・対策を1級合格者が解説!

漢検3級〜漢検10級を目指す方に、

漢検にゲームのように勉強して最短で勝利する方法漢検の受かり方で投稿させていただいた記事をまとめさせていただきます。 ...

の3級から10級バージョンを記事にいたします。

漢検3級〜漢検10級が対象者の方です

主に小さなお子様を持つ親御さんや、漢字が苦手な中学生および漢字に再び興味をお持ちになられた大人の方が対象です。

漢検3級〜漢検10級はステップアップ学習が大切です

漢検は10級から1級まであり、4級からが中学生対応となっております。

しかし、実際には3級までは一週間もかからない程の短期学習で合格を勝ち取った方もいらっしゃいます

今回、自分が3級と準2級で記事内容を大きく区分けした理由は、そこにあるのです。

例えば現在小学1年生の方が中学生向きのドリル形式の参考書を読もうと思っても、恐らく飽きが来てしまいますよね。

このように、子供の発達段階に応じた参考書選びが大事になってくると考えます。
 

裏を返せば、個人個人に応じた参考書をしっかりとこなして行かれますと、漢字は確実に学習の伸びが期待できます。

加えて、幼少の頃よりしっかりと漢字を学ばれた方は、

成長後もIQアップが期待できるとした意見もあるのです!

そのため、しっかりと学習を継続していきましょう!

漢検3級〜漢検10級の各級に応じた参考書の紹介

10級から3級まで、コレ1冊でOKという万能参考書を紹介させていただきます。

漢検10級

小学校1年生レベル

本書はお子様が自発的に学習を行いたくなるようなレイアウト、付録を意識した本です。

漢字ポスターなど、楽しく可愛らしいイラストが多く用いられ、きっと漢字の入り口に最適な1冊になるでしょう。

漢検9級

小学校2年生レベル

10級と同じシリーズの本です。小学校2年生ということで、

1年生の頃と同じような学習スタイルが良いと思います。

漢検8級

小学校3年生レベル

これも上と同じ種類のテキストです。

小学校3年生までは、このスタイルで確立するのがベターだと思います。

漢検7級

小学校4年生レベル

小学校4年生と言いますと、塾に通いだすお子様も多くなってくる学年ですね。

この位になりますと、3年生の頃とは違って、1ページに多くの情報が盛り込んである本を読めるようになる必要性を感じ、本書を選定いたしました。

動きに関する漢字など、カテゴリー別の解説があったりなど、理解の工夫が随所になされていてオススメの1冊です。

漢検6級

小学校5年生レベル

塾に通いだしてから慣れてくる学年であるため、ドリル形式を推薦します。
 

漢字以外にも反復学習の意欲を取り入れていただくためです。

漢検5級

小学校6年生レベル

中学受験で必要な漢字力の級ですね。

こちらもドリル形式でのインプットをオススメいたします。次からはいよいよ中学生編です。

漢検4級

中学校在学レベル

中学生というと、学習の中弛みが生じてしまう時期です。

ここまでしっかりと学習なさった方は、本書で学習を継続し、周囲と差をつけちゃいましょう!

漢検3級

中学校卒業レベル

本記事のラスボスですね。

漢字学習者にとっての初めの壁だと感じています。

僕も3級は合格ギリギリでしたが、年月が経ち1級にも合格できる実力を身につけられました。

楽しさを持った学習は、多大な恩恵をもたらします。
 

読者の皆様方も、ご自身に合ったペースで学習を進められて下さい。

お読みいただき、ありがとうございます。

ABOUT ME
nananairu
かつては超進学校に勤務していましたが5回の転職を経て社会人してます。週6のジム通いをしながら夢は大きく数検1級・漢検1級・英検1級の3冠王を目指しています。デッド200kg。
ブログを稼ぐなら絶対ドメインは取得した方がいいよ!

ブログをやってみようかなという方は無料ブログに飛びつくと思います。

しかし、無料ブログは稼ぐには効率が悪いのです。

 

  • SEOに弱く記事を書いても上位表示されない
  • 関係ない広告がいっぱい出てくのでグーグルアドセンスがクリックされにくい
  • 回遊率が低くなるのでpvが取れない!

 

などの理由があります。

 

具体的にどうすれば解決できますか?

nananairu
nananairu
独自ドメインとサーバーをゲットできれば十分だよ。安いサーバーだと落ちたりすることがあるから、エックスサーバー が安くてオススメだよ。ドメインはお名前.com が利用者数が1番多いし僕は本当にオススメしているよ。

ブログで稼ぐためには、まずは小さな行動からです!

コスパが最高のお名前.com と、エックスサーバー を是非ともご検討ください。