筋トレ

デッドリフト140kg挑戦を実況形式で語ります

デッドリフト140kgを終えて、ジムから帰宅しました。

今日は背中の日

よし、今日はデッドリフト140kgに挑戦だ!と気合い十分でジムに入りました。

デッドリフトは、体重の2倍をクリアできれば、中級者認定のようです。

つまり、大台にチャレンジしたと言えます。

作戦会議

いきなりマックス挑戦は怪我の元ですので、ピラミッド法を実践。ピラミッド法とは、軽い重さから重い重さへとシフトしていく筋トレ法です。自分が行ったメニューは次の通りです。

20kgのバー

10回1セット

50kg

10回2セット

80kg

10回2セット

さて、いよいよ本丸です。

いよいよ140kgへの挑戦!

ここからは実況形式で行きます。リアル感を与えるために、ドラゴンボールのキャラクターにも登場していただきます。

挑戦1回目

よし、140kg行くぞ。パワーベルトしてスタンバイ。足に力を込めて、、、引け!!!

脳内ピッコロ「待て!腰が危険だ!一旦おろせ!」

と体幹のブレを察知し、一旦撤退。水飲みに、避 難 し ま し た 。

挑戦2回目

脳内ベジータ「よしお前なら出来る。さっきは調子が悪かっただけだ!」スタンバイ。足に力を入れる。前を見る。目を瞑る。その場で精神統一。息を殺す。静寂の一瞬の後、

脳内フリーザ「キェェー!!」

的な突発的な、一瞬の力の閃光を背中に集めて放出。

脳内ご飯「お、上がって来ましたよ。」

脳内17号「太股まで上がったな。よし肩甲骨を寄せるぞ。」胸を張って、重さを体の背面で受け止める。

脳内ベジータ「まだだぞ!重りを早く下ろすんだ!間に合わなくなっても知らんぞー!!!」

背中を伸ばしていることを意識しつつ、落ち着いて着実にバーベルを戻しました。

脳内ジレン「これで終わりだ。」さて、140kgを1レップ成功したし、追い込むか。

以下、追い込みです。

120kg

10回1セット

100kg

10回1セット

80kg

10回2セット

50kg

10回2セット

ヒソヒソ話が聞こえました笑

アイキャッチ画像のジレンさんのように燃えていましよ。背中が。実は140kgと戦っているときに、後ろの大学生が、

「おい、あの人ヤベーヨ。180やってるぜ。」

と初めて讃えられ??ました笑140を無事に終了して追い込む前に心で呟きましたよ。自分(いやいやどう見ても180の雰囲気じゃないでしょwでも、ありがとう^^b)
と後ろの大学生と少し交流して今日のトレーニングは終了しました。

筋トレは現状維持が後退を意味するため、前に進むしか道はないんですよ。だからこそ、そこに熱さを感じるのです。

脳内カカロット「オラ、ジム行きたくなってきた。なんだかワクワクすっぞ!」

お読みいただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください