漢検

漢検準1級に勝利する方法

以前に記事にさせていただいた漢検1に勝利する方法の姉妹編である、

漢検準1級の受かり方をここに伝授したいと思います。

漢検準1級は簡単だ!

世間的には漢検準1級と1級が同じくらいの難易度と言われていますが、

全く違います!

1級は何冊もの本などをこなさなければ合格には到底辿り着けないのに対し、準1級はたった2冊の参考書を熟せば合格点が取れるのです。

漢検準1級を最短で合格するための2冊の本

本書は漢検準1級受験のバイブルとも言える本です。本書だけで合格点を取れる回もあるくらい、出る問題が高密度でギュッと詰まっています

本書は予想問題です。計20回分くらいの予想問題の解答を覚えることによって9割近くの得点が可能となります

合格点は8割である160点なので、この時点で合格A判定です。さらに、本書のすごい所は、巻末の四字熟語一覧です。これを覚えるだけで本番での四字熟語は、まぁ落とさないでしょう。

漢検準1級はコスパ最高の検定試験

以上の少ない労力で合格できるに関わらず、世間では超難関資格と認知されているだけに、「知る人ぞ知る」努力が報われやすい検定になっております。もちろん、暗記と聞くと無味乾燥に聞こえます。しかし、暗記の過程で漢字の持つ魅力や、記憶力の向上、加えて、学習の楽しさを体感できます!

本記事をお読みになられている方も、是非とも参考になさってください。

前回、漢検準1に失敗してしまった方も、本記事を参考になさって、合格を掴み取っていただけることを願っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください