筋トレ

ダンベルショルダー プレス片手30kgの壁へ

ジムから帰宅しました。以前の記事にてベンチプレス について振り返ったため、今日はダンベルショルダー プレス(肩)について記事を書かせていただきます。

30kgの壁を超えると体のデカさが加速します。

30kgの重さへ向かって

自分はトレーニングを部位別に分けて3日ごとに回しています。今日は肩と足の日です。この日のメインはダンベルショルダープレスで、それに照準を合せています。ひとまずの目標は片手30kgを3セットです。次のグラフに自分の僅かな戦績を残しておきます。

この図の横軸はジムに行った回数、縦軸はその日のダンベルのマックス重量です。やはりマックスを更新した後は1ヶ月くらい停滞してしましますが、気落ちせずにやっていると突然+1kgが挙がるようになります。

希望の光

自分はまだまだですが、一般的にパワーベルトパワーグリップ使うと、扱える重さ上がります。

自分の体ながら、不思議な感覚です。一度、30kgをスタートポジジョンに持って行こうとしました。しかし、恐怖心から手を動かすことができませんでした。

今の自分のマックスが片手26kgのため、28kgを達成したいです。準備を万端にして、勇気を持って、30kgの壁を破りたいと思います。