英検

英検 2018-1

英検1級を受けてきました。僕が受けたのは1級で、リスニングの良し悪しで合否が決まるという感触でした。今回の感触を忘れないように、学習メモを残しておきます。

  • 単語・・・パス単の見出しを何周も回す
  • 英作・・・良く出るトピックを40個くらいにしてノートにまとめる
  • リスニング・・・CNN ENGLISH EXPRESSの時事部分を聞く
  • 長文・・・これは対策を模索中

特に合格を決めそうな要因は、単語と英作のようなのでこちらでの得点力を磨いて行くのが優先事項だと思いました。

その他の分野はもう少し気合いを入れて行かなくては!という感触です。

もちろん、良い部分もありました。それは単語の暗記が上手くいったことです。これは他の勉強にも活かせると思い、勉強法を紹介したいと思います。

一般的に暗記とは、記憶力が良い人が有利だと思われています。しかし実は、思い出し方が上手ければ良いのではないか?と考えるようになりました。考えて見ると、人は一度見たり聞いたりしたことの情報は脳のどこかに残っているはずで、それを思い出すことの繰り返しが学習の基本となるべきです。

学校などでは単語帳の1、2ページを小テストにして理解のチェックを行ったと思います。しかし、難しい言葉など未知単語の1ページでの登場回数が多い場合、その方法ではモチベーションが削がれてしまいます。

そのため、自分はもっと多くのページに目を通すことを大事にし、その作業を1セットとして、それを何回も繰り返すことを意識して学習しました

パス単は似た言葉が続いて並んでいるので、単語間のリンクも知らないうちに出来ているかも知れず効率的かなと思います。漢字などと違って英単語のような意味を持たない語の羅列を暗記する際に、参考にしていただければ幸いです。

今回の結果がどう出るか分かりませんが、結果にめげずに努力し続けようと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください